Inflammatory diseases study

This study will investigate an antibody which is designed to bind to certain receptors on the surface of neutrophils. Once bound, the drug will block the survival, activation and migration of neutrophils, thereby reducing neutrophil activity, and improving disease outcomes in neutrophil driven inflammation.

Neutrophils are a type of white blood cell that play a key role in the body’s immune response, and are essential for clearing pathogens from the body. However, neutrophils can also negatively contribute to tissue damage in chronic inflammatory diseases. It is therefore imperative that the balance of neutrophils in the body is tightly regulated.

If you meet the criteria for this study and would like more information, register below or call 1800 727 874.

 

好中球は白血球の一種であり、体の免疫反応において重要な役割を果たしており、体から病原体 を取り除くのに不可欠です。ただし、好中球は、慢性炎症性疾患における組織の損傷の一因になる 可能性もあります。したがって、体内の好中球のバランスが厳格に調節されていることが非常に重 要です。
この治験では、好中球の表面にある特定の受容体に結合するよう設計された抗体である CSL324 の試験を行います。この抗体が結合すると、好中球の生存、活性化および遊走が阻害されることで 好中球の活性が抑制され、好中球が誘発する炎症における疾患の転帰が改善されます。

この治験の基準を満たしており、より詳しい情報を希望される場合には、以下から登録するか 1800 727 123にお電話ください。

 

 

 

• Healthy male or female
• Aged between 20 and 55 years (inclusive)
• Of Japanese origin or White
• Non-smokers or ex-smokers (who have stopped smoking for at least 3 months or more)
• No history of Drug or Alcohol abuse